皇居東御苑-江戸城本丸跡で見る桜(2022年開花状況)

飲酒、運動競技、騒音を発生する事が禁止となっている皇居東御苑。そのため、ここでは、割と静かに、お花見を楽しむことができます。歴史ある徳川将軍の居城で「江戸城本丸跡」の桜を楽しんでみませんか?

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、宮内庁より、事前に注意事項(お願い)が出ています。

宮内庁ホームページの「お知らせ」より

皇居東御苑の桜開花期間中のお願い

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、桜開花期間中の皇居東御苑では、次の点についてご協力をお願いいたします。
①飲酒(アルコール類の持ち込みを含む)禁止の徹底。
②芝地等にシート等を敷いて飲食を行うことはお控えいただき、ベンチのご使用は短時間でお願いいたします。
③園内混雑時には、入園を一時停止させていただきます。

引用:宮内庁ホームページ(令和4年3月22日掲載)
https://www.kunaicho.go.jp/info/info-r040322.html

[見頃時期]例年3月下旬から4月上旬
[入園料]無料

江戸城本丸跡の桜

オススメはここ!

皇居東御苑では、早咲きの桜から遅咲きの桜までを見ることができます。オススメ場所は、本丸跡(本丸地区)の桜の島、松の芝生/ケヤキの芝生です。


オススメ場所(桜)

桜の島

皇居東御苑には約30品種の桜がありますが、「桜の島」では、その約半数の品種を見ることができます。但し、ここでは、座ってのお花見はできません。

松の芝生/ケヤキの芝生

本丸大芝生の北側が「松の芝生」、南側が「ケヤキの芝生」になります。とても綺麗に管理された大芝生の上に座って、ゆっくりとお花見を楽しむことができます。

今年は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、宮内庁より、事前に注意事項(お願い)が出ています。

各所に設置されている案内板

2022年開花状況

2022年3月31日

満開の「ソメイヨシノ」

本丸地区では、満開となった「ソメイヨシノ」が見られました。今年は桜の周りにロープが張られ、少し離れて見ることになりそうです。


桜の島(2022年3月31日撮影)


ケヤキの芝生「ソメイヨシノ」(2022年3月31日撮影)

2022年3月27日

東京で桜の満開発表

標本木である靖国神社の桜(ソメイヨシノ)が満開となりました。

皇居東御苑の桜

蕾の大きかった「ソメイヨシノ」は、あちこちで開花。今後も、さらに桜の色合いが増し、楽しめそうです。


ケヤキの芝生「ソメイヨシノ」(2022年3月27日撮影)


松の芝生「シダレザクラ」(2022年3月27日撮影)

2022年3月24日

全体的にはまだ桜の色合いは少ない状況

桜の島では「アマギヨシノ」が咲き誇っています。松の芝生/ケヤキの芝生の「ソメイヨシノ」にも、ピンク色の大きな蕾を付けたものが見られました。


桜の島「アマギヨシノ」(2022年3月24日撮影)


ケヤキの芝生「ソメイヨシノ」(2022年3月24日撮影)

2022年3月20日

東京で桜の開花発表

この日、標本木である靖国神社の桜(ソメイヨシノ)が開花。平年より4日早い開花となりました。

皇居東御苑の桜

桜の島では、蕾の先端がピンク色になっている「ソメイヨシノ」が見られ、もう直ぐ開花といった状況。松の芝生/ケヤキの芝生では「コシノヒガンザクラ」、「コヒガンザクラ」が開花中で、「ソメイヨシノ」には大きな蕾が沢山付いています。


桜の島「ソメイヨシノ」(2022年3月20日撮影)


松の芝生(2022年3月20日撮影)


ケヤキの芝生「ソメイヨシノ」(2022年3月20日撮影)

2022年3月16日

カンヒザクラが満開

桜の島では「アマギヨシノ」と「ウスゲオオシマ」の蕾が大きくなっています。松の芝生/ケヤキの芝生では、早咲きの「カンヒザクラ」が開花中で、「ソメイヨシノ」は蕾が膨らんで来ました。


ケヤキの芝生「カンヒザクラ」(2022年3月16日撮影)


ケヤキの芝生「ソメイヨシノ」(2022年3月16日撮影)

2022年3月10日

まだ早咲きの桜が注目

桜の島では、まだ蕾の桜が殆どですが、早咲きの「カワヅザクラ」、「ツバキカンザクラ」が注目となっています。松の芝生/ケヤキの芝生も、まだ桜の色合いは少なく、ソメイヨシノはまだ蕾の状況。


桜の島「ツバキカンザクラ」(2022年3月10日撮影)


松の芝生(2022年3月10日撮影)

以下は、過去(2020年)の桜の開花状況です。2021年の桜開花期間は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から皇居東御苑が臨時休園でした。2020年は、工事で松の芝生へ入ることができず、また、3月28日より皇居東御苑が臨時休園となっています。

<過去>2020年開花状況

この年は、3月28日より、皇居東御苑が臨時休園となりました。

2020年3月24日

ソメイヨシノが見頃

桜の島では「ソメイヨシノ」が見頃を迎えています。先週、注目された「アマギヨシノ」と「ウスゲオオシマ」は、随分と葉が目立つようになりました。
ケヤキの芝生では、開花の始まった「ソメイヨシノ」と、見頃の「ソメイヨシノ」が見られます。


桜の島 見頃の「ソメイヨシノ」(2020年3月24日撮影)


ケヤキの芝生 見頃の「ソメイヨシノ」(2020年3月24日撮影)

2020年3月18日

注目は桜の島のアマギヨシノ

桜の島には、徐々に桜の色合いが広がって来ています。先週、大きな蕾と数輪の花が開花していた「アマギヨシノ」が、例年通り、豪快に咲き誇っていました。「ウスゲオオシマ」や「コヒガンザクラ」も開花中。「ソメイヨシノ」には、数輪の花が開花。

ケヤキの芝生の「ソメイヨシノ」は、先週よりも蕾が大きく膨らんでいます。早咲きの「カンヒザクラ」は終盤を迎えていました。


桜の島「アマギヨシノ」


桜の島「ウスゲオオシマ」

2020年3月12日

早咲きのカンヒザクラが開花中

桜の島では、早咲きの「カワヅザクラ」が葉ザクラへ。例年、豪快に咲き誇る「アマギヨシノ」は大きな蕾と数輪の花が開花。
ケヤキの芝生では「カンヒザクラ」が開花中。「ソメイヨシノ」は、まだ硬く小さな蕾の状態。


桜の島「アマギヨシノ」(2020年3月12日撮影)


ケヤキの芝生「ソメイヨシノ」(2020年3月12日撮影)

皇居東御苑のお花見

お花見の特徴

皇居東御苑では、ソメイヨシノの見頃時期になると、大芝生の上で、お花見をする様子が見られます。ここでは、飲酒、騒音を発生すること、運動競技などが禁止です。そのため、割と静かに、ゆっくりと、お花見を楽しむことができます。大芝生にはゴミ一つなく、とても綺麗に管理されているのが皇居東御苑の特徴です。


松の芝生でのお花見の様子(2019年4月2日撮影)

皇居東御苑では、お花見に限らず、飲酒、騒音を発生すること、運動競技が禁止されています。

ここを歩いてみて

皇居東御苑のお花見では、決して沢山の桜があるわけではありませんが、とても綺麗に管理されている芝生の上で、ゆっくりと座って楽しむことができます。また、例年、大混雑等なく、割と静かに、お花見を楽しむことができるのも、皇居東御苑の人気の要因です。
今年は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、宮内庁より、事前に注意事項(お願い)が出ています。

アクセス・公開情報

皇居東御苑/東京都千代田区千代田1-1

  • 地下鉄各線「大手町」駅c13b出入口から徒歩3分(大手門まで)

※詳細は、皇居東御苑の「アクセス・公開情報」を参照願います