シーズン

皇居東御苑-江戸城本丸跡で見る桜(2019年開花状況)

投稿日:

桜の季節を迎えている皇居東御苑。本丸跡の西側にある「桜の島」では、早咲きの桜から遅咲きの桜まで多品種が植えられ、長い期間、桜を楽しむことができる。ソメイヨシノが満開時の本丸跡は、見逃せない光景のひとつになる。

◆ ◆ ◆

今年の開花状況

2019年3月9日撮影

桜の島

多品種が植えられている桜の島では、まだ開花している桜は少なく、これからが本番といったところ。それでも早咲きの「カワヅザクラ」や「ツバキカンザクラ」が咲き誇り、そこには大勢の人が集まっていた。


カワヅザクラ


ツバキカンザクラ


これからが本番の「桜の島」

 

松の芝生・ケヤキの芝生

まだ、桜の色合いは少なく、とても地味な感じ。華やかな雰囲気に包まれるのは、もう少し先になる。


松の芝生・ケヤキの芝生

ひとこと!

梅林坂の「梅」は終盤に差し掛かり、今後は「桜」の見ごろが気になる時期になってきた。今は早咲きの桜が頑張っている状況。今後の天候にもよるが、ソメイヨシノが満開になり、桜の島と、本丸跡周辺を彩る見ごろの時期は、3月下旬あたりと思われる。
皇居東御苑のあちこちに桜はあるが、やはり、お勧めは、桜の島と松の芝生周辺だと思う。

◆ ◆ ◆

 

昨年の開花状況

<昨年>2018年3月22日撮影

桜の島

早咲きの「ツバキカンザクラ」や「カンヒザクラ」に代わって、先週、つぼみが大きく膨らんでいた「アマギヨシノ」が開花していた。


アマギヨシノ


桜の島の状況

桜の島にある「ソメイヨシノ」は、開花は始まっているが、まだ、赤く色付いた大きなつぼみが多かった。

 

松の芝生・ケヤキの芝生

まだ、全体的に桜の色合いは少なく、地味な感じだが、徐々に色合いを増して来ていた。


松の芝生・ケヤキの芝生

松の芝生の「ソメイヨシノ」は数輪の花が開花し、赤く色付いた大きなつぼみが今にも開花しそうな状況。「エドヒガン」、「シダレザクラ」も、開花が始まっていた。

◆ ◆ ◆

<昨年>2018年3月27日撮影

桜の島

先週、大きなつぼみが多かった「ソメイヨシノ」が満開。
少し葉が目立つようになった「アマギヨシノ」も大きく咲き誇り、先週に引き続き注目で、桜の島は賑やかさを増していた。


桜の島の状況

 

松の芝生・ケヤキの芝生

先週、赤く色付いた大きなつぼみが多かった「ソメイヨシノ」、そして「エドヒガン」、「シダレザクラ」も見ごろを迎え、本丸跡は華やかな雰囲気に包まれていた。


松の芝生 東側の桜

◆ ◆ ◆

アクセス情報

皇居東御苑/東京都千代田区千代田1-1

  • 地下鉄各線「大手町」駅c13b出口から徒歩約4分(大手門まで)

※詳細は、皇居東御苑への「アクセス情報」を参照願います

 

-シーズン

Copyright© ひとりで東京歴史めぐり , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.