富士見多門-内部を一般公開中

江戸城本丸の防御施設だった富士見多門。強固な防御機能を持ち、かつては本丸の各所に築かれていた多門だが、本丸で現存するのは富士見多門のみ。富士見多門は解体修理が行われ、平成28年11月から内部が一般公開されている。

◆ ◆ ◆

実際に中へ入ることのできる富士見多門

本丸側から見た富士見多門

本丸側から見ると、木々に隠れて、わかりにくいが、本丸西側の茶畑の裏の急坂を登ったところになる。


富士見多門


富士見多門マップ(出典:宮内庁ホームページ)

皇居側から見た富士見多門

皇居側から見た富士見多門は、また別の顔を持つ。


皇居側から見た富士見多門

内部を一般公開中

富士見多門の内部は、平成28年11月15日より一般公開され、実際に中へ入ることができる。


富士見多門内部

富士見多門のある石垣の高さは約20m。格子窓から見下ろすと、皇居内の蓮池濠と乾通りが見られる。

富士見多門の内部一般公開は、皇居東御苑の公開終了時間よりも約45分早く終了します。

御休息所前多門

富士見多門は、本丸御殿内の将軍の日常生活の場である「御休息」の近くにあったことから、「御休息所前多門」という名前も残っている。富士見多門の入口近くには、「御休息所前多門」と刻まれた石標が立っている。


石標

 

富士見多門の歴史

建築年代は不明

現存する富士見多門は、明暦の大火(1657年)の後に再建されたものと考えられている。

富士見多門は、江戸城本丸の西縁の中央に建てられていた、長屋型の防御施設です。正確な建築年代は不明ですが、万治2年(1659)頃の可能性もあります。
引用:富士見多門案内板

多門とは

戦国時代末期から城郭に採用された長屋造りの施設で、掘よりも強固な防御機能を持つ防御施設。平時には、諸道具、文書等の収納庫、女中の住居など、多様な用途に使用されていた。

修復作業

関東大震災により壁の剥落があり修復。
皇居東御苑の公開に先立ち、昭和42年から昭和43年にかけて、解体修理が行われている。

 

江戸城の遺構では、通常、中へ入ることができないものが殆どだが、富士見多門の内部は一般公開されていて、中へ入ることができる。それ程大きい建物ではないが、とても貴重な体験になるはず。(解体修理を実施済み)
また、富士見多門の入口付近は急坂になっていて、車椅子での入場ができないのでご注意!

アクセス・公開情報

皇居東御苑/東京都千代田区千代田1-1

  • 地下鉄各線「大手町」駅c13b出口から徒歩3分(大手門まで)

※詳細は、皇居東御苑の「アクセス・公開情報」を参照願います