八重洲・銀座・日比谷エリア

八重洲-地名の由来となった「ヤン・ヨーステン」

投稿日:

東京駅八重洲中央口から伸びる八重洲通りには、オランダ人「ヤン・ヨーステン」の記念碑が設置されている。ヤン・ヨーステンは、慶長5年(1600)に日本に漂着し、徳川家康に仕えた人物。彼の日本名「耶楊子(やようす)」は「八重洲」の地名の由来になっている。

◆ ◆ ◆

ヤン・ヨーステンと地名の由来

ヤン・ヨーステン

豊後に漂着後、家康に仕える

ヤン・ヨーステンは和蘭人で西暦1600年豊後の海で難破した和蘭船に乗っていた。そのまま日本に住みつき徳川家康の信任を得、外交や貿易について進言する役目についた。(後略)
引用:ヤン・ヨーステン記念像

日本とオランダとの貿易に尽力

日本人女性と結婚したヤン・ヨーステンは、幕府より朱印状を得て、東南アジア方面との朱印船貿易で活躍。慶長14年(1609)、長崎・平戸にオランダ商館が開設されると、日本とオランダとの貿易の発展に尽力した。

 

地名の由来

ヤン・ヨーステンに与えられた江戸屋敷は、和田倉門外の堀の岸辺にあったので、後に彼の日本名「耶楊子(やようす)」にちなんで「八代洲河岸(やよすがし)」と名付けられた。

「八代洲」は、のちに「八重洲」と書かれ、初めて町名になったのは明治5年(1872)のこと(現・丸の内一丁目付近)。その後、東京駅が開業すると、八重洲町の大半は東京駅となるが、昭和29年(1954)には東京駅東側一帯が「中央区八重洲」となって今日に至っている。
引用:ヤン・ヨーステン案内板

 

◆ ◆ ◆

歴史を伝える現在の八重洲

記念碑と記念像

ヤン・ヨーステン記念碑

八重洲通りには「日蘭修好380周年記念 ヤン・ヨーステン記念碑」と刻まれた記念碑が設置されている。


ヤン・ヨーステン記念碑

ヤン・ヨーステン記念碑のある場所は、八重洲通りと中央通りの交差点(日本橋3丁目)から、少し東京駅寄りの中央分離帯になる。割と広い中央分離帯なので、ゆっくり見ることができる。傍には、中央区平和都市宣言記念「平和の鐘」のモニュメントも設置されている。

 

ヤン・ヨーステン記念像

東京駅八重洲地下街(外堀地下1番通り)には、「ヤン・ヨーステン記念像」が設置されている。


ヤン・ヨーステン記念像

ひとこと!

ヤン・ヨーステンの中央分離帯にある記念碑、そして地下街の記念像は、共に見つけるのに少し苦労するかもしれない。

◆ ◆ ◆

基本情報

名称 ヤン・ヨーステン記念碑
所在地 東京都中央区日本橋3丁目
アクセス JR「東京」駅八重洲中央口徒歩約4分
緯度経度で指定

 

 

-八重洲・銀座・日比谷エリア

Copyright© ひとりで東京歴史めぐり , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.