皇居イベント

皇居乾通り一般公開(秋季)-皇居ならではの「紅葉」を楽しむ

投稿日:2019/11/19 更新日:

11月30日(土)から始まった「秋季皇居乾通り一般公開」。これは、旧江戸城の遺構を背景に、他では観られない、皇居ならではの紅葉を楽しむもの。事前申請の必要はなく、入場料は無料。今年は「大嘗宮一般参観」も同時開催。歴史と紅葉が織りなす景観を、皇居内の並木道で楽しんでみては。

※「令和元年秋季皇居乾通り一般公開」は12月8日(日)をもって終了となりました

◆ ◆ ◆

秋季皇居乾通り一般公開とは

概要

皇居乾通り一般公開は、平成26年に、上皇陛下の傘寿を記念して、初めて春季と秋季に実施したもので、大変好評であったことにかんがみ、平成27年秋季から、毎年春季の桜の時期と秋季の紅葉の時期に実施しているものです。
引用:宮内庁ホームページ

日程

  • 実施期間:令和元年11月30日(土)から12月8日(日)までの9日間
  • 入場時間:午前9時から午後3時まで
  • 実施場所:皇居乾通り

※11月21日(木)から12月8日(日)までの18日間は「大嘗宮一般参観」が実施されます。

コース

参入門は「坂下門」。


 参観経路(出典:宮内庁ホームページ)

☆皇居乾通り一般公開のコースは2通り

坂下門から参入し、宮内庁庁舎前を直進したあと、乾通りを通行し、乾門から退出
坂下門から参入し、宮内庁庁舎前を直進したあと、乾通り途中の「西桔橋」から皇居東御苑へ入り、大手門/平川門/北桔橋門から退出

○ ○ ○

ココでひとこと!

「皇居乾通り一般公開」のあとに、同時開催の「大嘗宮一般参観」へ行くには、上記②にあるように、乾通り途中の「西桔橋」から皇居東御苑へ入れば「大嘗宮一般参観」の参観経路に合流できます。上記①の、乾門から退出してしまうと、「大嘗宮一般参観」へ行くことはできませんのでご注意!

 

◆ ◆ ◆

紅葉の乾通りを歩く

今年の紅葉

2019年12月8日(最終日)

一段と鮮やかさが増していた乾通りの紅葉。今日が最終日であることが少し残念。


皇居乾通り一般公開(2019年12月8日撮影)


皇居乾通り一般公開(2019年12月8日撮影)


皇居乾通り一般公開(2019年12月8日撮影)


皇居乾通り一般公開(2019年12月8日撮影)

△ △ △

2019年12月4日

この日も晴天に恵まれ、大勢の人が乾通りを歩く姿が見られた。紅葉は、初日(11月30日)の頃に比べると、赤や黄色に色づく範囲が広がり、鮮やかさを増していた。


皇居乾通り一般公開(2019年12月4日撮影)


皇居乾通り一般公開(2019年12月4日撮影)


皇居乾通り一般公開(2019年12月4日)


皇居乾通り一般公開(2019年12月4日撮影)

△ △ △

2019年11月30日(初日)

11月30日(土)から「皇居乾通り一般公開」が始まった。大勢の人が開門前から並び、開門が早まる程の混雑ぶりだった。


皇居乾通り一般公開(2019年11月30日撮影)


皇居乾通り一般公開(2019年11月30日撮影)


皇居乾通り一般公開(2019年11月30日撮影)

○ ○ ○

昨年(2018年)の紅葉

2018年12月1日

歴史と紅葉が織りなす景観が見どころ

秋季皇居乾通り一般公開は、皇居ならではの「紅葉」が特徴。旧江戸城の遺構を背景にした、赤や黄色に色付いた紅葉はとても趣がある。そして、普段入ることのできない皇居側から観る旧江戸城の遺構も楽しみの一つ。


宮内庁庁舎前を通過


紅葉(2018年12月1日撮影)


紅葉と旧江戸城の石垣(2018年12月1日撮影)


皇居側から見た富士見多門(2018年12月1日撮影)

○ ○ ○

最後に

ひとこと!

「皇居乾通り一般公開」のあとは、「大嘗宮一般参観」だけでなく、「皇居東御苑」の二の丸地区・三の丸地区を散策することもできます。三の丸地区には、皇室に代々受け継がれた美術品などを順次展示公開している「三の丸尚蔵館」(入館は3時30分まで)があります。そして、二の丸地区には、緑に囲まれた落ち着いた空間が広がり、そこでは「乾通り」に負けない紅葉を観ることができるかもしれません。皇居東御苑からの退出時間は午後4時までです。

◆ ◆ ◆

アクセス情報

名称 令和元年秋季皇居乾通り一般公開
所在地 東京都千代田区千代田1-1
アクセス(坂下門) 地下鉄三田線「大手町」駅D2出口から徒歩約15分
地下鉄三田線「日比谷」駅B6出口から徒歩約10分
地下鉄有楽町線「桜田門」駅3番出口から徒歩約15分
  • 注意事項など詳細は「宮内庁ホームページ」で確認願います

 

-皇居イベント

Copyright© ひとりで東京歴史めぐり , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.