令和2年秋季皇居乾通り一般公開が中止!

令和2年の皇居乾通り一般公開(秋季)は中止となりました!

宮内庁からの発表

令和2年秋季皇居乾通り一般公開の取りやめについて

標記のことについて、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、本年の秋季皇居乾通り一般公開は、実施を取りやめます。
引用:宮内庁ホームページ(令和2年11月9日)

以下は、令和元年に実施された「秋季皇居乾通り一般公開」です!

令和元年(2019)秋季皇居乾通り一般公開

11月30日(土)から始まった「秋季皇居乾通り一般公開」。これは、旧江戸城の遺構を背景に、他では観られない、皇居ならではの紅葉を楽しむもの。事前申請の必要はなく、入場料は無料。今年は「大嘗宮一般参観」も同時開催。歴史と紅葉が織りなす景観を、皇居内の並木道で楽しんでみては如何でしょうか?

皇居乾通り一般公開とは

皇居乾通り一般公開は、平成26年に、上皇陛下の傘寿を記念して、初めて春季と秋季に実施したもので、大変好評であったことにかんがみ、平成27年秋季から、毎年春季の桜の時期と秋季の紅葉の時期に実施しているものです。
引用:宮内庁ホームページ

 

2019年12月8日(最終日)

一段と鮮やかさが増していた乾通りの紅葉。今日が最終日であることが少し残念です。乾通りの紅葉は今日までですが、皇居隣の皇居東御苑の紅葉はまだ楽しむことができますので、足を運んでみては如何でしょうか?


皇居乾通り一般公開(2019年12月8日撮影)


皇居乾通り一般公開(2019年12月8日撮影)


皇居乾通り一般公開(2019年12月8日撮影)

  

2019年12月4日

この日も晴天に恵まれ、大勢の人が乾通りを歩く姿が見られました。紅葉は初日(11月30日)の頃に比べると、随分と赤や黄色に色づき、鮮やかさを増しているのが分かるほど。旧江戸城の石垣と紅葉の組み合わせも中々のものです。


皇居乾通り一般公開(2019年12月4日撮影)


皇居乾通り一般公開(2019年12月4日撮影)


皇居乾通り一般公開(2019年12月4日撮影)

  

2019年11月30日(初日)

11月30日(土)から「皇居乾通り一般公開」が始まりました。開門前から大勢の人が並び、開門が早まる程の混雑ぶり。紅葉の見頃はもう少し先かもしれません。


皇居乾通り一般公開(2019年11月30日撮影)


皇居乾通り一般公開(2019年11月30日撮影)


皇居乾通り一般公開(2019年11月30日撮影)

 

ここを歩いてみて

皇居東御苑の紅葉もおすすめ

皇居乾通り一般公開のあとは、大嘗宮一般参観だけでなく、皇居東御苑の二の丸地区・三の丸地区を散策することもできます。三の丸地区には、皇室に代々受け継がれた美術品などを順次展示公開している「三の丸尚蔵館」(入館は3時30分まで)があります。また、二の丸地区では、緑に囲まれた落ち着いた空間が広がり、そこでは「乾通り」に負けない紅葉を観ることができるかもしれません。皇居東御苑からの退出時間は午後4時までです。

鮮やかな紅葉

今年は皇居乾通り一般公開と同時に大嘗宮一般参観があり、乾通りは大勢の来園者で埋め尽くされていました。皇居乾通り一般公開では、日を増すごとに鮮やかな紅葉が見られ、後半の方が楽しめたかもしれません。

 

アクセス情報

名称 秋季皇居乾通り一般公開
所在地 東京都千代田区千代田1-1
アクセス(坂下門) 地下鉄三田線「大手町」駅D2出口から徒歩約15分
地下鉄三田線「日比谷」駅B6出口から徒歩約10分
地下鉄有楽町線「桜田門」駅3番出口から徒歩約15分
  • 注意事項など詳細は「宮内庁ホームページ」で確認願います

※「令和元年秋季皇居乾通り一般公開」は12月8日(日)をもって終了となりました