皇居イベント

皇居乾通り一般公開(秋季)-皇居ならではの「紅葉」を楽しむ

投稿日:

皇居内の並木道で紅葉を楽しむことができる「秋季皇居乾通り一般公開」が実施される。ここでは、高い石垣やお濠などを背景に、皇居ならではの紅葉が特徴。事前申請の必要はなく、入場料は無料。今年も混雑が予想されそうだ。

◆ ◆ ◆

「秋季皇居乾通り一般公開」の概要と見どころ

概要

日程

  • 実施期間:平成30年12月1日(土)から12月9日(日)までの9日間
  • 入場時間:午前9時から午後3時まで

コース


コース(出典:宮内庁ウェブサイト)

皇居坂下門から参入し、宮内庁庁舎前を横切り、約750mの乾通りを通って、皇居乾門で退出。(途中、西桔橋から皇居東御苑へ入り、そこから退出も可能)

 

見どころ

秋季乾通り一般公開では、皇居ならではの「紅葉」が特徴。旧江戸城の遺構を背景にした、赤や黄色に色付いた紅葉を見ることができる。また、旧江戸城の遺構を、普段入ることのできない皇居側から見ることができるのも楽しみのひとつ。

<昨年(2017年)の様子>

坂下門から参入し、「宮内庁庁舎」前を通って乾通りを通行。


宮内庁庁舎


紅葉の背景には高い石垣


大勢の人が紅葉を楽しんだ乾通り

マスコミにも取り上げられ、大勢の人が来場。昨年(2017年)の参入者数は、9日間で226,220人と発表されている。(宮内庁ウェブサイトより)

 

ひとこと!

駅から皇居坂下門までは少し距離があるので、時間に余裕を持って行かれた方が良いと思う。入門の際には、手荷物検査とセキュリティチェックがあり、混雑時には時間が掛かってしまう。乾門からの退出時間は午後3時30分。
乾通りは、当日、一方通行になり、途中で引き返すことはできないので、見落としのないように。また、困ったことがあったら、周囲にいる宮内庁職員さんにお聞きしたら良いと思う。
「乾通り一般公開」の紅葉を楽しんだ後は、続けて「皇居東御苑」の紅葉も楽しんでほしい。二の丸庭園やその周辺がお勧め。そこだけなら30分~40分で回れると思うが、皇居東御苑全体を見るには、1時間30分から2時間くらいの余裕があった方が良い。皇居東御苑からの退出時間は午後4時。

◆ ◆ ◆

基本情報

名称 平成30年秋季皇居乾通り一般公開
所在地 東京都千代田区千代田1-1
アクセス 地下鉄各線「大手町」駅D2出口から徒歩約15分
地下鉄千代田線「二重橋前」駅6番出口から徒歩約15分
公開日 12月1日(土)~12月9日(日)
入場時間 午前9時~午後3時まで
入場料 無料

※注意事項など、詳細は「宮内庁ウェブサイト」で確認願います

坂下門

 

 

-皇居イベント

Copyright© ひとりで東京歴史めぐり , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.