皇居二重橋等のライトアップ-暗がりに浮かび上がる旧江戸城の遺構

令和2年度の「皇居二重橋等のライトアップ」は中止です!

宮内庁ホームページのお知らせには

年末年始における皇居二重橋等のライトアップについて

今年度の年末年始の皇居二重橋等のライトアップは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、行なわないこととなりました。
引用:宮内庁ホームページ(令和2年12月21日)

◆ ◆ ◆

以下は、令和元年に実施された「皇居二重橋等のライトアップ」です!

 

令和元年(2019)「皇居二重橋等のライトアップ」

概要

令和元年12月23日(月)から始まった、恒例の「皇居二重橋等のライトアップ」。年末年始の皇居の夜に「二重橋」や「大手門」などが明るく浮かび上がります。ライトアップ期間は令和2年1月5日(日)までの14日間です。

日程

  • 実施期間:令和元年12月23日(月)から令和2年1月5日(日)までの14日間
  • 実施時間:午後5時から午後9時まで

実施個所

◆ライトアップ実施個所

  • 正門石橋並びに石橋及び鉄橋の欄干装飾灯
  • 正門
  • 伏見櫓及び伏見多聞
  • 坂下門
  • 富士見櫓
  • 巽櫓
  • 大手門

「皇居二重橋等のライトアップ」では、皇居、及び皇居東御苑の中へ入ることはできません。ライトアップは内堀通りや皇居前広場から見ることになります。

ライトアップされた旧江戸城

大手門

暗がりの中に浮かび上がる大手門。ライトアップで、お濠の水面にも映し出され、まさに幻想的な景観です。


ライトアップされた大手門(内堀通りから)

二重橋

皇居前広場では、ライトアップされた「二重橋」と、その奥に「伏見櫓及び伏見多門」を見ることができます。日中とは全く違う雰囲気が漂い、一度は見ておきたい景観です。


ライトアップされた皇居二重橋(皇居前広場から)

皇居前広場はとても暗く、しかも玉砂利で歩きにくいところがあります。皇居前広場を歩く際は、照明に照らされた明るいところがおすすめです。


夜間の皇居前広場

皇居周辺の夜景とイルミネーション

皇居前広場から見る夜景

皇居前広場からは、大手町、丸の内の魅力的な夜景を見ることができます。


大手町、丸の内方面の夜景(皇居前広場から)

和田倉噴水公園のライトアップ

行幸通り沿いの和田倉噴水公園では、ライトアップされた噴水が目を引きます。


和田倉噴水公園

丸の内イルミネーション2019

東京駅から皇居へ向かう途中にある「丸の内仲通り」では、「丸の内イルミネーション2019」が行われています。シャンパンゴールドに輝くイルミネーションが通りを彩り、多くの人が楽しむ様子が見られました。


丸の内仲通りのイルミネーション

ここを歩いてみて

年末年始恒例の皇居二重橋等のライトアップです。年末年始の寒い夜に旧江戸城の幻想的な景観を見て楽しむことができます。ただし、皇居内、皇居東御苑内に入ることはできませんのでご注意下さい。

ライトアップを見る場所は、内堀通りの歩道か、皇居外苑(皇居前広場)からになります。内堀通りには鉄柵がありますが、巽櫓から桔梗門までは柵がないので、お濠に落ちないようご注意ください。また、皇居前広場は真っ暗です。そのため、できるだけ照明の照らされたところを歩くようにした方が良いです。

アクセス情報

名称 年末年始における皇居二重橋等のライトアップ
所在地 東京都千代田区千代田1-1
アクセス 地下鉄各線「大手町」駅c13b出口から徒歩3分(大手門まで)
JR「東京」駅丸の内北口/中央口から徒歩約15分(皇居前広場まで)
地下鉄三田線「日比谷」駅B6出口から徒歩8分(皇居前広場まで)
※地下鉄千代田線「二重橋前」駅2番出口は午後8時に閉鎖されます
  • 日程等、変更となる場合がありますので宮内庁ホームページでご確認ください
  • 1月1日午後5時からは、翌2日に行われる「新年一般参賀」の準備のため、内堀通りから皇居側については立ち入りはできませんのでご注意!

広告