一石橋-八つの橋が見渡せた江戸の名所

歌川広重の「名所江戸百景」の中で「八ツ見のはし」として描かれている一石橋。橋上に立てば八つの橋が見渡せ、江戸の名所の一つといわれたところ。現在、一石橋周辺では大規模な再開発が行われ、かつての面影はありません。

日本橋川に架かる一石橋

中央区民文化財に登録された「親柱」

一石橋は外堀通りと交差する日本橋川に架けられている橋です。南詰西側の親柱は大正11年に架け替えられた時のもので、平成14年に中央区民文化財に登録されています。


一石橋の親柱(中央区民文化財)

見どころの多いエリア


一石橋周辺

 

一石橋の歴史


日本橋より一石橋を見る図 歌川国直(国立国会図書館所蔵)

一石橋のはじまり

江戸初期に架けられた橋

寛永年間(1624~1647)、又は、それ以前から存在したといわれ、江戸初期に描かれた江戸図「武州豊島郡江戸庄図」には既に木橋として記されています。

橋名の由来

(前略)
北橋詰め近くの本両替町に幕府金座御用の後藤庄三郎、南橋詰近くの呉服町には、幕府御用呉服所の後藤縫殿助の屋敷があり、後藤をもじって五斗、五斗+五斗で一石と名付けたと「江戸砂子」に見え、日本橋地区と神田地区を結ぶ橋として重要でした。(後略)
引用:一石橋の親柱案内板(中央区教育委員会)

鉄骨コンクリート造のモダンなアーチ橋へ

それまで木造だった一石橋は、大正11年(1922)に鉄骨コンクリート造(花崗岩張り)のモダンな橋に改架され、親柱四基をすえた白亜の橋へ。その後、関東大震災にも落橋せず、交通上の重要な橋として使われていました。


昭和初期頃の一石橋(出典:一石橋の親柱案内板)

昭和・平成の改修工事

一石橋の上流側の半分は昭和48年(1973)にスチール製の桁橋に架け替えられ、平成11年(1999)には下流側の半分の架け替えが行われ、現在に至っています。

 

浮世絵で辿る一石橋の歴史

名所江戸百景「八ツ見のはし」

 橋上からの眺望は江戸の名所の一つ

橋上に立てば、自身も含めて八つの橋(一石橋、日本橋、江戸橋、常磐橋、呉服橋、鍛冶橋、銭瓶橋、道三橋)が見渡せたことから「八ツ見のはし」とも呼ばれていた一石橋。手前に見える橋の欄干の一部が一石橋で、中央に道三堀に架かる銭瓶橋と道三橋、その奥には江戸城と富士山が描かれています。


名所江戸百景「八ツ見のはし」
歌川広重(国立国会図書館所蔵)

  

 江戸の名所の面影はない

浮世絵と同じ方角には、コンクリートの壁と建設中の大きな建物、そして、川の上を覆っている首都高速道路。


現在の一石橋の橋上から

 

直ぐ隣には

一石橋迷子しらせ石標

南詰西側の親柱の横には、江戸時代からの「一石橋迷子しらせ石標」が置かれています。一石橋から日本橋にかけては往来の多い繁華街だったため、迷子が多かったようです。


一石橋迷子知らせ石標

「一石橋迷子しらせ石標」は震災や戦災などで破壊され、現存するのは一石橋のものだけとなり、東京都指定有形文化財に指定されています。

 

東京駅前の大規模プロジェクト

再開発は段階的に行われ、2027年度には日本一の超高層ビルが誕生予定

一石橋の直ぐ隣では大規模複合再開発が進行中です。A棟・B棟の2つの高層ビルと、C棟・D棟を合わせた4棟のビルが段階的に建設。A棟は2021年度完成予定で、B棟は日本一の超高層ビルとして、2027年度の竣工を目指しています。


一石橋の直ぐ隣で建設中のA棟

A棟は地上40階、地下5階、高さ212mの高層ビル(2021年4月末完成予定)
B棟は地上61階、地下5階、高さ390mの超高層ビル(2023年度着工し、2027年度完成予定)

 

ココを歩いてみて

合わせて楽しめるエリア

現在の一石橋には江戸の名所の一つといわれた面影はなく残念です。しかし一石橋周辺は歴史を感じさせるスポットが数多く存在しています。徒歩10分圏内には、常盤橋門跡、金座跡(現・日本銀行本店)、貨幣博物館、越後屋(現・日本橋三越本店)、日本橋魚河岸跡、日本橋(橋)などがあり、合わせて楽しんでみては如何でしょうか?

 

アクセス情報

一石橋

  • 所在地
    東京都中央区八重洲1丁目/中央区日本橋本石町1丁目
  • 交通
    東京メトロ半蔵門線「三越」駅B2出入口直ぐ
    JR「東京」駅日本橋口から徒歩6分