皇居エリア

半蔵門-服部半蔵が守ったといわれる門

投稿日:

江戸城西側に位置し、甲州街道へ繋がる門。その門外には徳川家の家来である「服部半蔵」の屋敷が置かれ、門の警護にあたっていた。現在の半蔵門は、皇室の通用門として使用されている。

◆ ◆ ◆

「半蔵門」の概略と現在

半蔵門の概略

江戸城内郭門の一つ

江戸城内郭門の一つで、「こうじまち口」とも呼ばれ、四谷門とともに甲州街道の要衝となっていました。(中略)
門は1620年(元和6年)仙台藩(現在の宮城県)藩主伊達政宗ほか6名の東国大名により築造されました。
引用:半蔵門案内板

また、半蔵門は江戸城の「搦手門」だった。将軍有事の際には、半蔵門から出て甲州街道を通り、幕府の天領である甲府へと逃れるルートが想定されていた。

 

名前の由来

半蔵門を守っていた服部半蔵に由来するといわれているが、諸説あり。

名前の由来は、伊賀者の服部半蔵がこのあたりに配下とともに屋敷を拝領していたという説があります。ほかにも、この門から城内に入る山王祭礼の象の山車が枡形門をくぐることができず、半分だけしか入らなかったという説もあります。
引用:半蔵門案内板

 

半蔵門の現在

半蔵門

半蔵門は、1871年(明治4年)に渡櫓門が撤廃され、現在は高麗門だけになっている。その高麗門は和田倉門から移築したもの。
半蔵門の中は皇居となり、門は皇室の皇居への通用門として使用され、一般の通行はできない。門前の土橋左手には警察の詰所が置かれている。


半蔵門

 

半蔵濠と桜田濠

半蔵門前の土橋の北側が「半蔵濠」で、南側が「桜田濠」になる。


半蔵濠


桜田濠

 

千鳥ヶ淵公園

半蔵門の直ぐ北側には、半蔵濠に面した「千鳥ヶ淵公園」がある。大正8年(1919)に開園した面積15,845㎡の公園で、子供の遊び場で遊ぶ親子連れや、ジョギングをしている人の姿が見られる。公園には桜が植えられ、桜の季節には沢山の人が訪れる都内有数の桜の名所になっている。


千鳥ヶ淵公園

ひとこと!

現在の半蔵門は、皇室の通用門として使用されているだけあって、門の前にはバリケードが敷かれ、警察車両が数台待機していたりと、少し重々しい感じがする。勿論、門に近づくことはできない。
半蔵門前の巨大な土橋に遮られた「半蔵濠」と「桜田濠」だが、これほど高低差があるとは思わなかった。桜田濠の方はかなり深い濠になっていて、上から覗くと怖いくらいである。

◆ ◆ ◆

基本情報

名称 半蔵門
所在地 東京都千代田区麹町1丁目
アクセス 東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅3b出口から約4分
緯度経度で指定

 

 

-皇居エリア

Copyright© ひとりで東京歴史めぐり , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.