皇居東御苑エリア

皇居東御苑-二の丸地区の紅葉(2017年11月)

投稿日:

皇居東御苑では紅葉のシーズンを迎えている。二の丸庭園では、池の周りの色付いた葉が何とも美しい風景を作り出しているが、まだ、これからが本番。今年の「見頃のピーク」は、11月下旬から12月初旬にかけてと予想される。

◆ ◆ ◆

二の丸地区の紅葉

皇居東御苑の「二の丸地区」には、復元された日本庭園(二の丸庭園)や、二の丸雑木林・新雑木林などがあり、四季折々の花や緑を楽しむことができる。紅葉においても外せないポイントのひとつ。


皇居東御苑案内図(出典:皇居東御苑案内板)

 

◆ ◆ ◆

紅葉情報(2017年11月21日撮影)

二の丸庭園

二の丸庭園は小堀遠州作といわれる「回遊式庭園」で、園内を回遊して鑑賞する庭園。九代将軍「家重」の時代の絵図面をもとに復元された。

 

二の丸雑木林と新雑木林

かつては二の丸御殿が立ち並び、将軍の別邸や世継ぎの住まいとして利用されていたところ。

 

諏訪の茶屋

皇居内の吹上地区から移築された数寄屋風の書院茶屋。

 

二の丸休憩所

二の丸休憩所と休憩所前のススキ。

 

その他

本丸地区の「本丸大芝生」も冬の色に。

 

皇居東御苑とは

皇居造営の一環として、昭和35年1月29日の閣議決定に基づき、皇居東地区の旧江戸城本丸、二の丸及び三の丸の一部を皇居付属庭園として整備することとなり、昭和36年に着工し、昭和43年9月に完成したもので、面積約21万㎡の庭園です。昭和43年10月1日から営中行事に支障のない限り一般に公開されています。
引用:皇居東御苑パンフレット

 

ひとこと!

11月21日に訪れ、天気も良く、紅葉を楽しむことができた。それでも、まだ、二の丸庭園、二の丸雑木林では、紅葉途中の樹木があって、これからが本番という感じ。皇居東御苑の関係者に、今年の二の丸地区の「見頃のピーク」を聞いたところ、今後の気候にもよるが、11月下旬から12月初旬あたりになるだろうと言っていた。

◆ ◆ ◆

基本情報

名称 皇居東御苑
所在地  東京都千代田区千代田1-1
アクセス  地下鉄各線「大手町」駅c13b出口から徒歩4分(大手門まで)
公開時間 3月1日~4月14日  午前9:00~午後4:30(入園は午後4:00まで)
4月15日~8月末日 午前9:00~午後5:00(入園は午後4:30まで)
9月1日~10月末日 午前9:00~午後4:30(入園は午後4:00まで)
11月1日~2月末日 午前9:00~午後4:00(入園は午後3:30まで)
休日 月曜日・金曜日(月曜日が休日で公開の場合は火曜日を休園)
入園料 無料

※12月4日(月)及び12月8日(金)は臨時公開予定

皇居東御苑二の丸庭園

 

 

-皇居東御苑エリア

Copyright© ひとりで東京歴史めぐり , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.