日本橋エリア

江戸の金座跡と貨幣博物館

投稿日:

日本銀行本店(本館)がある場所は、かつて「金座」があったところ。そこでは幕府の貨幣鋳造機関として、大判を除く全ての金貨を造っていた。直ぐ隣には、本物の大判・小判が見学できる「貨幣博物館」があり、古代から現代までの様々な貨幣の歴史を紹介している。

◆ ◆ ◆

「江戸金座」の概要と現在

概要

金座で、金貨を製造する作業を描いた絵巻の一部。


金吹方之図(出典:国立公文書館所蔵)

金座のはじまり

文禄4年(1595)、後藤庄三郎光次が徳川家康の命により、御用彫金師であった後藤徳乗の代わりに江戸に行き、小判を鋳造したのがはじまりになる。

江戸時代最初の金貨・慶長小判などは、各地の小判座で小判師が原料を調達し、金貨に仕上げて御金改役所(後藤役所)に納めていた。元禄の改鋳では江戸の本郷に製造所をつくり、小判師を集めて後藤家の指示のもと金貨をつくった。
その後、日本橋の後藤役所の敷地内に製造所を移し、金座とよばれるようになった。
引用:貨幣博物館展示室

金座の廃止

幕府の貨幣鋳造機関である金座は、幕府の崩壊により、明治元年(1868)に明治政府に接収され、その後、明治2年(1869)には造幣局の設立によって廃止となる。

 

現在

金座跡に立つ日本銀行本店(本館)

日本銀行本店は、旧館、新館、分館の3つの建物からなる。旧館のうち本館は、現在の日本銀行本店の中で最も古く、石積みレンガ造の花崗岩張りの西洋式建築物で、国の重要文化財に指定されている。


日本銀行本店(本館)

現在、本館は免震工事中で、建物周囲には工事用フェンスが目につく。

 

◆ ◆ ◆

貨幣博物館

貨幣博物館は日本銀行創立100周年(1982年)を記念し、1985年11月に開館。古代から現代までの様々なお金やお金に関する絵画、道具などを収集・研究し、広く一般に公開している。

常設展示

展示室入口

展示室内は写真撮影がNG。2F展示室外のロビーには、記念撮影スポットが用意されている。

 

展示室内

貨幣と貨幣に関わる歴史を、時系列で展示・解説している。職人が金座に出入りする際に提示した「門鑑」など、細かいものまで多数展示。
貨幣の統一を目指していた豊臣秀吉や徳川家康の歴史なども紹介されている。

貨幣天下統一

徳川家康は、全国の金銀鉱山を直轄化するとともに、貨幣をつくる技術を管理し、金貨・銀貨の製造体制を整備しました。そして国家として約650年ぶりに、大きさ・重さ・品位(金銀の含有率)などを統一した金貨と銀貨を発行した。
引用:貨幣博物館展示室

 

1億円の重さを体験

展示室外にある1万円の模擬紙幣で作った1億円のパック。実際に手で持って、1億円の重さを体験できる。


出典:貨幣博物館リーフレット

ひとこと!

貨幣博物館の展示数は約3,000点にも及び、ガラス越しに本物の大判・小判を見ることができる。昨年の年間来場者数は10万人超え。入館料は無料だが、無料とは思えない見どころがあり、充分楽しめる博物館だと思う。

◆ ◆ ◆

基本情報

名称 日本銀行金融研究所 貨幣博物館
所在地 東京都中央区日本橋本石町1-3-1(日本銀行分館内) TEL:03-3277-3037
アクセス 地下鉄半蔵門線「三越前」駅B1出口から徒歩1分
地下鉄銀座線「三越前」駅A5出口から徒歩2分

地下鉄東西線「日本橋」駅A1出口から徒歩6分
JR「東京」駅日本橋口徒歩8分
開館時間 9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日 月曜日(ただし祝休日は開館)※臨時休館日あり
入館料 無料
貨幣博物館

 

 

-日本橋エリア

Copyright© ひとりで東京歴史めぐり , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.