八重洲・銀座・日比谷エリア

霞が関-地名の由来には諸説あり

投稿日:

桜田門から虎の門に至る中央官庁街の「霞が関」。その地名の由来は、かつて、このあたりに「霞が関」と呼ぶ関所があったからといわれているが、これには、諸説あり。

◆ ◆ ◆

「霞が関」の概要と地名の由来

概要

霞が関は江戸城外桜田門の南に位置し、江戸時代は諸大名の上屋敷が立ち並んだところ。「外桜田永田町絵図」には、広島藩浅野家、福岡藩黒田家などの諸大名の上屋敷が記されている。


外桜田永田町絵図(出典:国立国会図書館所蔵)

明治維新以降は政府用地として利用され、かつての諸大名の上屋敷などに外務省、司法省、海軍省などの官公庁施設が置かれる。明治5年には東京府の町名「霞ヶ関」となり、昭和42年には「霞ヶ関」から「霞が関」に改称され、現在の霞が関1丁目~3丁目・永田町となった。

現在の霞が関は、各省庁舎や合同庁舎などの国の行政・司法機関が集中。永田町とともに日本の政治、行政の中心地となっている。

 

地名の由来

「霞が関」という地名の由来には諸説あり。

「千代田区町名由来板」では、霞が関は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が蝦夷(えみし)の襲撃に備えて武蔵国に置いた関所(霞ヶ関)から名付けられたといわれている。
また、「霞が関跡」の碑には、霞が関は奥州街道の関所(霞ヶ関)で、武蔵国にあったと伝えられているが、その正確な場所は分かっていないとも記載されている。

霞が関の地名の由来について、千代田区町名由来版と、2ヶ所の碑が紹介している。

 

千代田区町名由来板

霞が関3丁目(「虎ノ門」駅5番出口近く)に立つ「千代田区町名由来板」には、霞が関の地名の由来について紹介している。


千代田区町名由来板

千代田区町名由来板に記されている内容は、

(前略)霞が関の名前は古代までさかのぼり、日本武尊が蝦夷の襲撃に備えて、武蔵国に置いた関所「霞ヶ関」から名付けられたといいます。その名前は関所から雲霞を隔てた遠方を望むことができるということに由来し、江戸時代の地図にはすでに、「霞ヶ関」と記したものもあります。(後略)
引用:千代田区町名由来板 霞が関

 

霞が関坂の碑

現在の外務省と中央合同庁舎第2号館・第3号館の間にある霞が関坂には、「霞が関坂」の碑が立っている。


「霞が関坂」の碑

霞が関坂の碑に記されている内容は、

中世の頃、奥州街道の関所「霞ヶ関」が置かれていたといわれ、景勝地として古歌にもうたわれました。江戸時代は諸大名の屋敷が建ち並び、江戸土産の絵本や広重の題材にもなりました。明治維新以降は外務省や司法省、海軍省などが建ち並ぶ中央官庁街となり、現在に続いています。
引用:霞が関坂の碑

 

また、ここは江戸名所百景の「霞かせき」(広重)の舞台となった場所。浮世絵の中では正面に海が見えているが、現在は見ることはできない。霞が関坂の坂上から坂下方向に向かって描いた絵になる。


霞が関坂


霞かせき 広重(出典:国立国会図書館所蔵)

 

霞が関跡の碑

「霞が関」駅A2出口を出た直ぐの桜田通り沿いに立つ「霞が関跡」の碑。


「霞が関跡」の碑

霞が関跡の碑に記されている内容は、

霞が関は、奥州街道の関門で、武蔵国(現在の東京都、埼玉県、神奈川県の一部)にあったと伝えられています。その場所は、西に高台があり、東に水辺を望むといわれますが、正確な場所は分かっていません。(後略)
引用:霞が関跡の碑

 

ひとこと!

霞が関の地名の由来は、武蔵国にあったと伝えられている関所(霞ヶ関)から名付けられたようだが、現在のこの場所(現千代田区霞が関)に関所(霞ヶ関)があったという説には、幾つもの疑問があり、関所(霞ヶ関)の正確な場所は分かっていないようだ。候補地としては、千代田区以外に、狭山市・多摩市などが上げられているという。

◆ ◆ ◆

基本情報

名称 霞が関
所在地 東京都千代田区霞が関2-1
アクセス 地下鉄各線「霞が関」駅A2出口直ぐ(霞が関跡の碑まで)
緯度経度で指定

 

 

-八重洲・銀座・日比谷エリア

Copyright© ひとりで東京歴史めぐり , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.