皇居東御苑エリア

江戸城三の丸跡-皇居東御苑の中で一部を一般開放

投稿日:

三の丸跡の一部は、本丸跡、二の丸跡と共に「皇居東御苑」の中で一般に開放されている。三の丸跡の見どころは、江戸城の正門である「大手門」や、皇室所有の美術工芸品を公開している「三の丸尚蔵館」になる。

◆ ◆ ◆

「三の丸跡」の概要と見どころ

概要

江戸城三の丸跡は「大手濠」と「桔梗濠」の西側に位置し、東の「大手門」から西の「大手三の門」、北の「平川門」から南の「桔梗門」までになる。その中で、現在、皇居東御苑の中で一般に開放されているのは、「大手門」から「大手三の門」までの狭い範囲。


皇居東御苑案内図(出典:皇居東御苑案内板)

 

見どころ

大手門

江戸城の正門である大手門。高麗門と大手渡櫓門がある。皇居東御苑の入口のひとつになっている。


大手門

大手門は江戸城の正門で、諸大名がこの門から登城しました。大小2つの門に囲まれた枡形は、侵入する敵を阻止・攻撃し易い構造になっています。大きい方の門は、昭和20年(1945年)4月の空襲で焼失し、昭和42年(1967年)に復元されました。
引用:大手門案内板

 


高麗門


大手渡櫓門

 

現在は舗装された土橋になっているが、関東大震災前までは、東側に残る約25m四方の橋台から、高麗門までに、約28mの木橋が架かっていた。


関東大震災前の大手門(出典:大手門案内板)

 

三の丸尚蔵館

宮内庁三の丸尚蔵館は、皇室に代々受け継がれた美術工芸品等を順次公開している美術館。館内での撮影はNGになっている。


三の丸尚蔵館

 

大手三の門跡(下乗門)

二の丸への入口となる門で、高麗門と渡櫓門の石垣のみが残っている。諸大名の登城の際、御三家(尾張・紀州・水戸)以外は、ここで乗り物を降りなければならなかったことから「下乗門」とも呼ばれている。


高麗門の石垣(大手三の門跡)

かつて、大手三の門手前には、桔梗門の西側から天神濠まで繋がる「濠」があった。その濠は、二の丸と三の丸を分断していたが、現在は埋め立てられている。三の丸休憩所は埋め立てられた濠の上に建つ。

 

濠があった当時は、大手三の門の外側にあった同心番所。現在は大手三の門の内側に移されている。


同心番所

「番所」とは、警備の詰所のことで、百人番所、大番所とこの同心番所の3つが残っています。城の奥の番所ほど、位の上の役人が詰めていました。ここには同心が詰め、主として、登城する大名の供の監視に当っていました。
引用:同心番所案内板

 

巨石が積まれた渡櫓門の石垣は力強く、見るものを圧倒する。


渡櫓門の石垣(大手三の門跡)

ひとこと!

皇居東御苑の中で一般に開放されている三の丸跡のエリアは狭く、直ぐに二の丸跡に入ってしまう。三の丸跡の見どころは、やはり大手門。さすがに威厳があり、江戸城の正門に相応しいと感じる。

◆ ◆ ◆

基本情報

名称 江戸城三の丸跡(皇居東御苑内)
所在地 東京都千代田区千代田1-1
アクセス 地下鉄各線「大手町」駅c13b出口から徒歩4分(大手門まで)
公開時間 3月1日~4月14日  午前9:00~午後4:30(入園は午後4:00まで)
4月15日~8月末日 午前9:00~午後5:00(入園は午後4:30まで)
9月1日~10月末日 午前9:00~午後4:30(入園は午後4:00まで)
11月1日~2月末日 午前9:00~午後4:00(入園は午後3:30まで) 
休日  月曜日・金曜日(月曜日が休日で公開の場合は火曜日を休園) 
入園料  無料
皇居東御苑

 

 

-皇居東御苑エリア

Copyright© ひとりで東京歴史めぐり , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.