日本橋エリア

道三堀-徳川家康が江戸に最初に造った運河

投稿日:

道三堀は、徳川家康入府後、江戸城への水路を確保するため開削された運河。これにより、船で大量の物資が江戸城へ運ばれるようになった。現在、道三堀は埋め立てられていて、その面影はない。

◆ ◆ ◆

「道三堀」の概要と現在

概要

道三堀は、「竜の口」と「外堀」を結んだ運河。下絵図では、江戸城から下(東)へ蛇行して伸びる運河が道三堀になる。


御江戸大名小路絵図(出典:国立国会図書館所蔵)

道三堀のはじまり

徳川家康は、天正18年(1590)に江戸入府後、直ぐに、江戸城と江戸湊との輸送路の確保に取り組み、道三堀の開削を行った。

(前略)
道三堀というのは江戸城の数ある掘割の一つで、竜の口(和田倉門のそば)から銭瓶橋まで蛇行する掘割でした。(後略)
引用:道三橋跡案内板(千代田教育委員会)

江戸城へ大量の物資搬入

道三堀の開削により、江戸城への水路が確保され、船で大量の物資搬入が可能となる。また、小名木川や新川を開削し、道三堀と繋げることで、行徳から江戸城へ安定して塩を搬入することができた。

船荷は、和田倉濠の北東側に「竜の口」という和田倉濠と道三堀の合流する地点で荷揚げされ、「和田倉」で保管されていた。

道三堀の埋め立て

(前略)
慶長(1596-1614)の頃は堀に沿って材木屋等の町屋が多くできましたが、その後武家地となり、明治42年(1909)堀は埋立てられてしまいました。
引用:道三橋跡案内板(千代田教育委員会)

 

現在

道三堀は埋め立てられていて、その面影はない。和田倉濠と道三堀の合流した「竜の口」の辺りも同様。道三堀のあった場所は、東京駅・大手町駅から直ぐの距離で、周りは大きな商業ビルなどが立ち並ぶ東京の中心地。


和田倉濠から見た「竜の口」の辺り


周りのビル郡

 

「道三橋跡」の案内板

道三堀に架かっていた「道三橋」と「銭瓶橋」も、その姿はないが、新大手町ビルヂングと大手町野村ビルの間に「道三橋跡」の案内板があり、当時の道三堀の様子を伝えている。


道三橋跡案内板

ひとこと!

徳川家康の命により、江戸で最初に造られた運河だが、既に明治時代に埋め立てられていて、その面影は見当たらない。江戸の市中には、沢山の水路がはりめぐらされていたが、道三堀は、その中でも特に重要な水路であったようだ。

◆ ◆ ◆

基本情報

名称  道三堀(道三橋跡)
所在地 東京都千代田区大手町 2-2(道三橋跡)
アクセス 東京メトロ「大手町」駅B2a出口徒歩1分(道三橋跡)
緯度経度で指定

 

 

-日本橋エリア

Copyright© ひとりで東京歴史めぐり , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.