皇居東御苑エリア

皇居東御苑-遅咲きの桜とツツジの開花状況(2018年4月更新)

投稿日:2018/04/12 更新日:

4月になっても楽しませてくれた「遅咲きの桜」も、殆どが葉ザクラとなって新緑に覆われている。二の丸地区の諏訪の茶屋周辺や二の丸庭園では「ツツジ」が見頃となっているが、色鮮やかな、見頃の「ツツジ」を見に行くのなら急がれた方が良いかも。

◆ ◆ ◆

「遅咲きの桜」と「ツツジ」

開花状況(2018年4月19日撮影)

桜の島

遅咲きの桜も花が散り、桜の島は青々とした新緑に覆われている。


桜の島の状況

 

松の芝生

桜の開花中の風景から一変。大芝生の色も緑の部分が増え、あたりは緑に包まれてきている。


松の芝生東側

 

諏訪の茶屋周辺・二の丸庭園

「ツツジ」は、赤、ピンク、白の花をつけ、訪れていた沢山の人を楽しませていた。

 

ひとこと!

この日、皇居東御苑には多くの人が来ていて、二の丸地区でも「ツツジ」を見ている人は多かった。現在、見頃の「ツツジ」だが、諏訪の茶屋前の「ツツジ」の一部には、花がしおれているところも見受けられる。見頃の「ツツジ」を見に行かれるのなら、早めに行かれた方が良いかもしれない。

 

◆ ◆ ◆

開花状況(2018年4月10日撮影)

桜の島

皇居東御苑の約30種類の桜のうち、約半数の品種が見られる桜の島。「ソメイヨシノ」は既に葉ザクラとなっているが、遅咲きの桜が開花中。中でも「カンザン」は、まだ多くの花をつけているが、葉が目立つようになり、風に花びらが舞う状況。


カンザン

 

本丸休憩所周辺

本丸休憩所西側の通り沿いに咲く「フゲンソウ」。その近くには、小さな「ニワザクラ」が開花中。


フゲンソウ

 

松の芝生

「ソメイヨシノ」の開花中はつぼみだった「イチヨウ」。


イチヨウ

 

諏訪の茶屋周辺・二の丸庭園

四季折々の花や緑を見ることができる二の丸地区では、「ツツジ」が注目。諏訪の茶屋周辺の「ツツジ」は、あたりを赤く染めている。まだ、つぼみは多いが、間もなく満開になると思われる。


クルメツツジ

 

ひとこと!

桜に代わって、ツツジが見頃のピークを迎えようとしている。諏訪の茶屋周辺のツツジは今でも十分楽しめるが、満開になれば更に見応えがあり、楽しめそうだ。今年は暖かいせいか、開花が早いといわれている。ツツジの満開は、もうすぐ。

◆ ◆ ◆

基本情報

名称 皇居東御苑
所在地 東京都千代田区千代田1-1
アクセス 地下鉄各線「大手町」駅c13b出口から徒歩約4分(大手門まで)
公開時間 3月1日~4月14日  午前9:00~午後4:30(入園は午後4:00まで)
4月15日~8月末日 午前9:00~午後5:00(入園は午後4:30まで)
9月1日~10月末日 午前9:00~午後4:30(入園は午後4:00まで)
11月1日~2月末日 午前9:00~午後4:00(入園は午後3:30まで)
休日 月曜日・金曜日(月曜日が休日で公開の場合は火曜日を休園)
入園料  無料

※皇居東御苑に入る際には、入口で手荷物検査があります

皇居東御苑

 

 

-皇居東御苑エリア

Copyright© ひとりで東京歴史めぐり , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.